症状別治療ガイド

さまざまな歯並びの乱れに対応します

さまざまな歯並びの乱れに対応します

「出っ歯」「受け口」「八重歯」「ガタガタ・デコボコ」など、歯並びの乱れにはさまざまなパターンがあります。町田の矯正歯科「ワイズデンタルオフィス」では、一人ひとり異なるさまざまな歯並びの症状別に、最適と思われる治療法をご提案しています。

こちらでは歯並びの症状別に、当院の矯正治療法を子どもの場合と大人の場合に分けてご紹介します。

前歯が出ている~出っ歯~

前歯が出ている~出っ歯~

出っ歯とは、上の前歯もしくは上の歯列全体が前に突き出している歯並びです。上下の顎のバランスの乱れが原因であるとされています。見た目が気になるのはもちろん、しゃべりにくい、転んだときに前歯や口元をケガしやすいといった点が問題です。

子どもの場合 大人の場合
成長期のお子さんの場合、上下の顎の成長をコントロールすることで出っ歯の改善が可能です。適した時期に開始できるよう、お早めにご相談ください。 顎の成長が完了しているため、場合によっては歯を抜いてスペースをつくり、正しい歯並びに誘導します。また上下の前歯が当たりすぎる場合には、咬み合わせを矯正することが必要です。

下の歯列が出ている~受け口~

下の歯列が出ている~受け口~

受け口とは、上の歯列より下の歯列が前に突き出している歯並びです。一般的に「しゃくれ」とも呼ばれます。出っ歯と同じく、上下の顎のバランスの乱れが原因であるとされています。

子どもの場合 大人の場合
小さなお子さんの場合、中には生え替わりとともに受け口が改善されるケースもありますが、早い時期から治療に取り組むことで、確実に効果を得られます。 受け口は、大人の方も手術の必要なく治療できるケースも少なくありません。親知らずのみ抜く、または下の小臼歯を抜くなどしてスペースをつくるという方法がとられます。

ガタガタの歯並び~乱杭歯(らんぐいば)~

ガタガタの歯並び~乱杭歯(らんぐいば)~

乱杭歯とは、歯列がきちんと並ばずに重なり合って生えている歯並びです。やわらかい食べ物が増えるなど食生活が大きく変化したことにより、顎が小さくなった現代人には歯が並ぶスペースが足りずに、乱杭歯になるのです。別名「叢生(そうせい)」ともいい、八重歯もその一種になります。

子どもの場合 大人の場合
成長期のお子さんの場合、まだ顎の骨がやわらかいため、顎を少しずつ大きく広げる拡大装置を用いて正しい成長を促すことで、永久歯が正しく並ぶよう導くことができます。 顎の骨の成長が完了している大人の場合、歯を何本か抜いてスペースをつくり、歯をきちんと並べるのが1つの治療法です。ほかにも、歯の表面を覆っているエナメル質を何ヶ所か削ったり、倒れ込んでいる歯を起こしたりするなどしてすき間をつくる方法もあります。

上下の前歯が閉じない~開咬(かいこう)~

上下の前歯が閉じない~開咬(かいこう)~

奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない歯並びです。見た目が気になるのはもちろん、食べ物をうまく咬み切れない、奥歯に力がかかりすぎて歯が摩耗する、同じく顎関節症になりやすいなどの問題があります。

子どもの場合 大人の場合
舌を歯の間から前に出す、前歯を常に押しているなどの「舌の悪いクセ」があると、開咬を招いたり悪化させたりします。これらのクセの改善を図るほかに、顎の成長方向に原因がある場合には整形学的な治療法を用いることもあります。 大人の場合、奥歯が歯ぐきの上に出すぎていて、それがつっかい棒になって口が閉じられないというケースがあります。そこで矯正装置や矯正用インプラントを用いて歯を歯ぐきの中に押し戻し、改善を図ります。