医療費控除

矯正治療は医療費控除の対象です

矯正治療は基本的に自費診療となりますが、その目的が「美容」でない場合には医療費控除の対象になります。医療費控除は、申告することで医療費の負担を軽減することができる制度です。こちらでは、町田の矯正歯科「ワイズデンタルオフィス」が医療費控除についてくわしくご紹介します。

医療費控除とは

医療費控除とは、生計をともにする家族が1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が10万円(もしくは総所得金額の5%、いずれか少ないほう)を超えた場合に、確定申告を行うことで医療費の一部が還付される制度です。

保険診療のみが対象になるものと思われている方も多いのですが、自費診療でも「美容」目的ではなく、歯科医師の診断で病名がついた場合には対象となります。矯正治療においては、基本的に子どもは対象となりますが、大人の場合には歯科医師の診断内容によるといえるでしょう。

申告について

申告期間 毎年2月16日~3月15日
※申告を忘れた場合、その翌年から5年以内なら申告が可能
申告先 居住地域の税務署
医療費控除の計算式

その年に支払った医療費の総額 ― 医療費を補てんする保険金等の総額 = A

10万円/総所得金額の5%、いずれか少ないほうの金額=B

A-B=医療費控除額(最高200万円)

必要なもの
  • 支払った医療費の領収証
  • 薬局などで購入した市販薬のレシート
  • 電車・バスなどの公共交機関を用いた場合の通院のための交通費のメモなど

控除の対象となるもの

  • 検査費
  • 矯正歯科治療費
  • 診察費
  • 通院のための交通費(電車・バスなど公共機関を用いた場合)
  • 医薬品ほか歯ブラシ、ブラッシング剤などの購入費